サッカー タクティック

サッカークラブの収入源はチケット・賞金・スポンサー収入など

ドリブル

プロスポーツの一つとして子供からシニア世代までのファンを持つのがプロサッカーです。東京や名古屋、大阪などの首都圏エリアはもとより、地方都市にも複数のチームが存在します。
「地域密着のクラブ運営」を掲げることで、地元企業や自治体からの支援を受けながら存続し続けているのが現状です。
「サッカークラブの収入源って何?」と思う人も多いのではないでしょうか。人気プレーヤーや監督、コーチなどの年俸の原資についても気になるところです。

グラウンドで行われるサッカーゲームのチケット代やファンが購入するグッズ代が、サッカークラブの収入源になっていることは容易に推測できます。しかしながら、チケットやグッズの売上が占める割合は限定的です。
実はサッカークラブの大きな収入源として挙げられるのは、スポンサー収入や放映権料、賞金です。特に、スポンサー収入に関しては全体の半分近くにのぼるケースも多くあります。スポンサーがつかなければ、サッカークラブの運営自体が窮地に追い込まれると言っても過言ではありません。

サッカークラブにスポンサー企業がつくのは、企業名の露出が増えることで、宣伝活動になるからです。選手が着用するユニフォームに刻まれた企業名やロゴマークが試合を見る人の記憶に残ります。「サッカークラブを応援する企業」としてイメージアップにもつながります。スポンサー収入以外では、クラブチームの対外試合のテレビ中継をすることで得られる放映権収入も貴重です。むろん、放映権収入を得るためにはある程度の人気チームであることが条件となります。優勝争いに参加できるようなチーム状態であることが必要です。
賞金については、強豪チームであればあるほど期待できます。弱小チームでは、賞金が得られないこともあります。